日本キリスト教団児島教会

アクセスカウンタ

zoom RSS それってどうなの?沖縄の基地の話

<<   作成日時 : 2016/08/03 06:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

これってどうなの?
E基地は人権問題を引き起こしておらず、
 政治的な解決を図るべき問題である。

沖縄の基地問題の根源は、軍事占領地域に
おいて人々の所有権を保障したハーグ条約
の違反にある。米軍は、沖縄戦の最中、
住民を強制収容している間に、地主の同意
もなく土地を取り上げて基地建設を開始し、
戦後もそのまま占領し続けた。これは国際法
が違法としている重大な人権侵害である。

日本の講和条約発効後は、米軍は借地料の
支払いを開始する。しかし、借地料の支払いが、
地主の意思を完全に無視し、所有権を侵害した
という事実を正当化することはできない。
さらにその後、米軍は伊江島や伊佐浜において
住民に土地の権利はないとして、新たな土地の
強制収容を開始した。

また、辺野古の基地については、米軍支配のもとに、
軍を投入した強制接収か、形としては契約による
提供かの二者択一を脅しのもとに、選択された
ものである。しかし、半ば強制的に基地を受け入れざるを
得なかったということであり、強制もない状況で住民の
自由な意思のもとに誘致したものではない。
これも住民の土地の権利に対する侵害であり、その後、
たとえ米軍が土地代を支払っていたことや、基地の
門前町として利益があったことでは、土地の権利の
侵害に基づく辺野古基地の建設を正当化できるもの
ではない。

人権侵害は、その代わりに経済的利益を与えることや、
重要な軍事目的があるからという理由によって、
赦されるものではない。

「それってどうなの?沖縄の基地の話」
沖縄米軍基地問題検証プロジェクト

http://okidemaproject.blogspot.jp

*沖縄の基地問題は人権問題である、ということが
 よくわかります。米軍が圧倒的な力をもって、
 日本政府を従え、沖縄の人たちの人権をないがしろ
 にしているのだと思います。
 沖縄では超法規的措置がとられているように
 思えてなりません。米軍のしたことは、土地の強制収容
 という犯罪であり、基地建設は、沖縄の人たちの人権を
 無視した暴挙であると言えると思わされます。
 日本政府はアメリカのいいなりになって、アメリカと一緒に
 沖縄をいじめているように思えてなりません。
 沖縄での基地闘争が勝利すること、高江、辺野古が
 守られることを願います。




暴力と差別としての米軍基地 [ 林博史 ]
楽天ブックス
沖縄と植民地ー基地形成史の共通性 未来への歴史 林博史 かもがわ出版発行年月:2014年10月 ペー

楽天市場 by 暴力と差別としての米軍基地 [ 林博史 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
それってどうなの?沖縄の基地の話 日本キリスト教団児島教会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる