日本キリスト教団児島教会

アクセスカウンタ

zoom RSS こじまるだより85

<<   作成日時 : 2017/08/07 09:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

8月6日は平和聖日礼拝であり、広島原爆忌でした。

その礼拝に、お父さんの実家が児島にある、鎌倉
在住の母子3人が礼拝に出席するというお知らせ
のハガキをもらっていたので、教会員一同、
心待ちにしていた日でした。
お母さんと小5の女の子、小3の男の子が礼拝に
出席しました。特に、女の子は自分の意志、信仰で、
この春、イースター礼拝に受洗されていました。
年に1回か2回の帰省の時に、私たちが赴任する
前から礼拝に出席されているとのことで、子ども
たちが大きくなったと、教会員一同、大喜びでした。

そんな中での平和聖日、広島原爆忌である日の
礼拝の説教担当が私、平島でしたので、ちょっと
考えました。聖書の箇所はマタイによる福音書5章
9節「平和を実現する人々は、幸いである。
その人たちは、神の子と呼ばれる。」です。
もともと平易な言葉で説教をしているのですが、
さらにやさしい言葉で、と思うと共に、いつも話が
脱線して、長くなるので、脱線しないようにと
注意を払いつつ(少しはありましたが)の説教でした。
丸木俊さんの絵本「広島のピカ」を中心にお話を
しました。

で、礼拝は早く終わったのですが、その後のいつもの
珈琲タイム(子どもたちはジュース)は、おみやげの
おいしいクッキーをいただき、また、教会員が用意して
くれていたアイスもありで、本当に楽しい会になりました。
珈琲は相変わらずおいしく、また、2名の方がしそソーダ
を飲んでいたので、私も飲みたくなり、自分で作って
飲みました。

小5での受洗、すごいと思います。3ヶ月のお勉強会も
すませ、凛としたクリスチャンの少女になっていました。
中学は毎日礼拝が守れるところへ行きたいとのこと
でした。弟くんも教会学校へ行っています。
また、お母さんは洗礼を受けておられませんが、
教会の幼稚園で、働かれており、キリスト教に親近感
を持っておられます。
「児島に引っ越してきませんか?」などと愚かな質問を
してしまいました。

戦争、原爆に心を寄せつつも、かわいいお客様を迎えての
礼拝、珈琲タイムであり、本当に恵まれた平和聖日でした。
この子たちが大きくなった時、日本が平和でありますように、
そして、この子たちが平和を実現する者でありますようにと
祈ります。

しかし、私としたことが、はしゃぎすぎて、写真を撮るのを
忘れてしまい、残念なことをしました。しかし、心のアルバムに
また1枚新しい希望という写真が貼られたと思っています。

画像


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こじまるだより85 日本キリスト教団児島教会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる