日本キリスト教団児島教会

アクセスカウンタ

zoom RSS 新見だより22

<<   作成日時 : 2017/08/05 19:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

8月5日(土)午後1時30分から新見教会で礼拝が
ありました。
一日早く「平和聖日」として礼拝を捧げました。

今回の説教、聖餐式は代務主任の笹井牧師が
行ないました。

説教題:「義の武器」
聖  書:ゼカリヤ書9章9〜10節(旧1489頁)
     コリントの信徒への手紙二6章1〜10節
                     (新331頁)

       ☆ 本日の説教から ☆
 明日6日は、広島の日、3日後の9日は長崎の日、
そして15日は敗戦の日を迎えます。想像を絶する
生き地獄を経験した私たちは、二度と戦争はしない
と誓ったのです。
 唯一の地上戦が行なわれた沖縄の人たちは、命
がけで戦争への道を止めようとしています。しかし
本土の多くの人々は経験が「浅い」故に、本気で戦争
を止めようとしていません。人間はほんとに愚かな
生き物だと思います。生きとし生けるものの中で最も
愚かなのかも知れません。神さまに心から懺悔しな
ければならないと思わされます。
 今日の聖書は、「今や、・・・救いの日。」が大変有名
です。「今」を神の恵みの時、救いの日とするためこの
世の悪と戦わなければなりません。しかしその武器は、
人殺しの武器ではなく、人を真に生かす、神の正義の
武器です。10章4節には、「要塞も破壊する」ことが
できると記され、あらゆる高慢を打ち倒すと記されて
います。今日の聖書後半の8−10節には、今を生きる
私たちも共感できます。どんな時代、どんな社会に
なろうとも、私たちは神に仕える者としてその実を示して
いかなければなりません。ひとりではできなくても教会
に集う信仰の友と共に、左右の手に義の武器をもって
歩んでいきたいと思います。

*新見教会週報 2017年8月5日(土)より

私としては、本当に心に突き刺さる説教でした。
忍耐が足りない、人間の力、また自分の損得で物事を
考え、解決しようとしている、神の武器を身に着けて
いないことを知らされた思いでした。
何があっても、忍耐をし、人間の思いではなく、
神を思い、神の武器、義の武器を両手にもって
歩みたいと思わされました。

礼拝後は、役員会です。
11月18日(土)の特伝に歴代牧師である石川真弓牧師
に来て頂くことになっています。そのことについても、
話し合われました。
役員会が終わると、楽しく談笑しました。
また、山室軍平の映画が9月5日(土)午前10時30分と
午後2時と2回上映されるとのことで、午後1時30分からは、
礼拝があるので、午前中に映画に行きたいと思わされ
ました。10月21日(土)に岡山シネマクレールでも
上映されるようですが、この日は新見教会の礼拝がある
ので、行けないので、新見に午前10時30分までに行って、
映画を観たいと思わされました。

新見教会も笑いのある教会です。しんきくさい教会より
いいですねーと言うと、笑われました。

新見教会は、本当に小さな群れです。常時礼拝出席者は、
4人です。しかし、第一、第三土曜日の午後に代務者の
笹井と協力者の平島が説教をさせていただき、毎月
最後の日曜日は午前10時30分から、信徒礼拝を
行なっています。本当に信仰厚く、心の清い人たちの
集まりです。この集まりに一人でも多くの人が
加えられますよう、お祈りください。

画像



PS:このブログは基本的に平島が書いてますが、
  「ブー太郎のブー言」は笹井が書いています。
  どちらもブーと言えばブーなんですけどね。🐷

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新見だより22 日本キリスト教団児島教会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる