日本キリスト教団児島教会

アクセスカウンタ

zoom RSS 小石の想い132 戦争について思う。

<<   作成日時 : 2017/08/10 12:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私は今まで、原爆のことについて、考えようと
していませんでした。
なぜなら、原爆は日本の被害性に訴えるもの
だと思ったからです。
戦時下において日本のなした侵略行為、
日本で唯一地上戦が行なわれた沖縄。
そちらの方に私の心の比重はありました。

しかし、今年は、なぜだか、原爆のことを思い、
被爆国としての責任ということを思わされています。
長崎市長の平和宣言は素晴らしいもので、
私の思っていることとをはるかに超えるものであり、
このようなリーダーについていきたい、と思わされた
ことです。

また、長崎はカトリック教会の多いところでもあり、
クリスチャンの私としては、「被ばくしたマリア像」
に心打たれています。
そして、原爆投下後の広島、長崎の中にイエスは
おられたということを、今回初めて感じることが
できました。

広島、長崎、沖縄、福島、それぞれの地で起きた
こと、今も置きつづけていることを忘れてはならない、
と思わされました。そして、アジアの国々のことも。

不勉強な者ではありますが、やはり、平和がいいです。
自分たちだけの平和ではなく、全国全世界の平和が
来たる日が実現するようにと願います。

被ばくしたマリア像
画像

朝日新聞岡山版2017年10月10日(木)35面

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小石の想い132 戦争について思う。 日本キリスト教団児島教会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる