日本キリスト教団児島教会

アクセスカウンタ

zoom RSS 祈り67

<<   作成日時 : 2017/07/24 04:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

榎本保郎一日一章

人の子は何ものなので、
これをみこころに、とめられるのですか。 
                詩編144・3

私たちは自分の弱さ、小ささ、はかなさを知る
ことにおいて、神がなおその者を愛してくださる
ことに目を注いでいくことができるのである。
この神を信じ、受け入れ、子供も倉も家畜も
すべてが祝福される世界に住む者はさいわいだ
という言葉で、この詩編は終わっている。
そのような具体的な祝福を与えてくださる、
生きていたもう主、それが私たちの神なのである。


ボンヘッファー一日一章

主よ、あなたは私よりも強い方です

7月24日 神の囚人

主よ、あなたがわたしを説き伏せたので、
わたしはその説得に従いました。あなたはわたしより
強いかたなので、あなたはわたしに勝たれたのです。
                     (エレミヤ書20・7)

エレミヤは、自分から神の預言者になろうと思った
わけではなかった。神から突然招かれた時、
彼は恐れおののいて後ずさりするほどであった。
彼は自分の身を守り、逃れようとした。彼は神の預言者、
あるいは証人になろうとは思わなかったのである。
しかし、まさに神の言葉が後ずさりする彼を捕え、
神の招きの声が固くつかんで離さなかった。
彼はもはや逃れることができない。彼の思いは挫折した
のである。神はエレミヤを獲得することができた。
あるいはこうも言えよう。全能の神の矢が、追い詰められた
獲物に命中したと。こうしてエレミヤは神の預言者となった
ゆえである。

彼は神の囚人なのであって、神に従わなければならない。
道はすでに定められている。それは神が決して放棄する
ことのない人間の歩べき道、しかも今や神のもとを
離れようとしない人間の歩むべき道である。
すなわち、それは、よい時にも悪い時にも
人間が神と共に歩むようになる道なのである。


祈り
 神さま、新しい朝をありがとうございます。
 今日は非常に速く目が覚めてしまいました。
 昨日の失敗説教からくる落ち込みはなかなか
 消えません。私はいつも自分の思いを優先し、
 あなたの御心を求めることが少ない者なのであろうと
 思います。また、会衆のことを考えずに、
 ただただ、自分の中にあるもやもやしたものを
 吐きだすようなメッセージになり、深く反省して
 おります。そんな私の説教を週番の兄弟が、
 「証」と言ってくださいました。そして、礼拝後も
 楽しい交わりの時が与えられました。
 己を捨てて神に従うことの難しさを思います。
 しかし、あなたは悪をも善に変えられる方です。
 そのことを知り、懺悔しつつも前に向かって歩き
 出せますように。
 神が共にいますことの幸いを神に囚えられた心を
 放棄することがありませんように。
 またすべてが御心のままになりますように。

 すべてのことを導かれる神さまのご計画の中で、
 生きることを得させてください。

 また、日本が世界があなたがよしとされた世界へと
 変わることができますよう、心よりお願いいたします。

 日本の政治を正しい方向へ導いてください。
 監視社会の始まりを感じさせられる、危うさを、今
 感じております。言論の自由が封じ込まれる、
 私たちの基本的人権が奪われる、そのような危機感を
 持ちます。どうか、日本が現憲法に規定されていることを
 守る国となりますように。この憲法を汚されないようにと
 節に願います。

 また、沖縄のことを思います。沖縄を捨て石にさせては
 なりません。他の差別と闘っている人たちも沖縄との
 共闘をなしていかなければならないと思わされます。
 辺野古、高江をお守りください。
 狭山事件の再審が一日も早く開始されますように。
 石川一雄さんの日々の生活、闘いと共に神さまが
 いてくださいますように。

 本当に問題だらけの世の中であり、問題だらけの私自身
 であります。神さま、あなたの大いなる計画により、
 すべてのことは無駄にはならないということを
 信じさせてください。

 願いごとばかり多いこの祈りでありますが、
 イエスさまの御名を通して御前にお捧げします。
                              アーメン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
祈り67 日本キリスト教団児島教会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる