日本キリスト教団児島教会

アクセスカウンタ

zoom RSS 祈り67

<<   作成日時 : 2017/07/22 06:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

榎本保郎一日一章

生ける者はひとりもみ前に義とされない
からです。          詩編143・2

私たちは、ともすると、こんなに熱心に祈って
いるのだから、教会に行っているのだから、
信じているのだからという思いをいだきやすい。
けれどもそういう自分の義のわざの何かに
寄り頼んで神に求めていくと、あなたとわたしと
なんのかかわりもないと神は拒否されるのである。

自分の何ものにもたよらない、自分の何ものをも
誇らない。ただ神の義によってのみ生きることを
願い求め、祈り求めていく者でありたい。


ボンヘッファー一日一章

7月22日 自由と服従

イエスは、服従する方として、そしてまた自由な方
として神の前に立つ。

自由のない服従は奴隷であり、服従のない自由は
放縦である。

服従は何が善であるかを知り、その上でそれを行ない、
自由は勇敢に行動し、その上で何が善であり何が悪
であるかの判断を、神の手に委ねる。・・・(ルター)。

祈り
 神さま、新しい朝を感謝します。
 私はあなたの御前に正しく生きれない者です。
 自分の思いのまま、人の迷惑を考えずに行動を
 してしまいます。すぐにやけになります。
 あなたから遠く離れた心を持ち、この世に埋没して
 しまう愚かな者であります。何が善であり、何が悪で
 あるのか見分ける心を与えてください。
 自由と服従の意味を正しく理解することができますように。

 暑い日々が続いております。九州豪雨で被害に遭われた
 方々にはこたえる日々でありましょう。
 どうか被災された方々、また、支援者の方々を祝し、
 守り、導いてください。

 私の身近なところにおいても、「共謀罪」の脅威を感じ
 させられることがあり、だんだん言論の自由が封じられて
 いっているように思えてなりません。
 そのような今、政治的、社会的、人権的関心が弱まって
 いる自分を情けなく思います。無意識のうちに「共謀罪」を
 恐れているのかもしれません。どうかこの弱い心を
 強めてくださいますように。

 日本の政治の在り方が正されますように。成立してしまった
 悪法を廃止へと追い込むことができますように。
 沖縄の人たち、移住者の人たちをお守りください。
 沖縄から基地がなくなる日が来たりますように。
 特に、高江、辺野古の計画が頓挫するようにと願います。
 狭山事件一日も早く再審が行なわれますように。
 石川一雄さんの理不尽な苦しみが解放されますよう
 祈ります。
 日本において、世界において、飢餓、貧困の中にある人たち
 に必要な糧が与えられますように。
 この世の悪を善へと変えられますように。

 願い事ばかりの祈りでありますが、この祈りを
 主イエスの御名によって御前におささげいたします。 アーメン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
祈り67 日本キリスト教団児島教会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる