日本キリスト教団児島教会

アクセスカウンタ

zoom RSS 聖書に聴く31 出エジプト記34章8、9節

<<   作成日時 : 2017/07/21 05:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

モーセは急いで地にひざまずき、ひれ伏して、言った。
「主よ、もしご好意を示してくださいますならば、主よ、
わたしたちの中にあって進んでください。確かにかたくなな
民ですが、わたしたちの罪と過ちを赦し、わたしたちを
あなたの嗣業として受け入れてください。」

*モーセは、再びシナイ山に登り、神から戒めの再授与を
 受けようとした。そして、神の前にひざまずき、ひれ伏し、
 自分たちの罪の赦しを願い、自分達の中に神が共におられ、
 出エジプトの道、民たちの信仰の道を共に歩んでください、
 と願った。
 私たちは、神と共に進むということができているだろうか、
 と思わされる。神を無視し、人間的な思いを信仰と勘違いし、
 神にではなく人に頼ろうとしてしまう愚かさ、罪を持って
 いないだろうか。
 私自身、神から離れた心を持ち、自分が楽しければそれで
 いいと思いながらも、困った事態、苦境に立たされると、
 神に助けを求める愚かな信仰の持ち主である。
 神の赦しを受けたという自覚を持ち続けなければならない。
 そこから、本物の信仰が自然と育まれていくのであろうと
 思う。そして、自分一人のことではなく、「私たち」といえる
 人々の罪の赦しをも請い願い、「私たちの信仰」がl、
 人ではなく神に頼るものとならねばならないと思わされる。
 そのためには、まず「自分」から始めることが大切であろうと
 思わされる。日々悔い改め、神の道を求めることのできる
 人間になさしめていただけるよう、自分自身も励む者で
 ありたいと思わされた。
 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
聖書に聴く31 出エジプト記34章8、9節 日本キリスト教団児島教会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる