日本キリスト教団児島教会

アクセスカウンタ

zoom RSS 聖書に聴く30 出エジプト記33章19節

<<   作成日時 : 2017/07/19 05:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

わたしは恵もうとする者を恵み、
憐れもうとする者を憐れむ。

*モーセが、再び、神の前に立った時に言われた
 言葉である。
 神の御心は私たちには計り知れないものがある
 と思う。神さまは、恵もうとするものを恵み、
 憐れもうとする者を憐れむ、と言われる。
 その判断基準は人間にはわからないものだと
 思う。自分の心を神の心とし、人を裁く者は、
 神の御前から退けられる。神はあくまでも人知を
 越えた思いをもって、神が恵もうとする者を
 恵まれ、憐れもうとする者を憐れまれる方なので
 ある。イスラエルの民は、金の子牛を作り、
 神の御前に正しくあり得ず、悪をなした。
 しかし、神さまは、モーセに好意を示し、
 神を裏切った民の残りの者に恵みと憐れみを
 与えてくださったのである。
 私たちは、神の愛に甘えてはいけない。しかし、
 神の恵み、神の憐れみをいただけるように、神の
 前に正しくあり得なくても、正しくあろうと志すことが
 大切ではないかと思わされる。
 自分が裁き人になることなく、ただ、人知を越えた
 神の恵みと憐れみにすべてを委ねて生きていく
 者でありたいと、思わされた。 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
聖書に聴く30 出エジプト記33章19節 日本キリスト教団児島教会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる