日本キリスト教団児島教会

アクセスカウンタ

zoom RSS 祈り45

<<   作成日時 : 2017/06/12 07:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

詩編122篇

主の家に行こう、と人々が言ったとき、
わたしはうれしかった。 1節

わたしは言おう、わたしの兄弟、友のために。
「あなたのうちに平和があるように。」
わたしは願おう
私たちの神、主の家のために
「あなたに幸いがあるように。」


榎本保郎一日一章

そこはさばきの庭、
ダビデの家の王座が設けられてあった。
                詩編122・5

たといその人の容姿がいかに貧相であろうと、
その人の知識や力がどんなに貧しかろうと、
その人はダビデの王座にすわることができる。
たといその人がどんな悲惨な生活の中にあろうとも、
その人の上に主の霊がとどまるとき、その長い病床が、
その貧しい家庭が王座になる。そうした逆境が
すばらしい栄光のあらわれる場所に変えられていくのである。


ボンヘッファー一日一章

6月12日 神の前で一個の人間となれるように隣人を助ける

キリストの愛したのは、「ありのままの人間」だけである。

キリストの関心は、具体的に、ありのままの人間に仕えるという
ことにだけある。

キリストは人間の現実を放棄するようなことは決してしない。
キリストはむしろ、現実に力を与え、現実を肯定するのである。
キリストは何よりもみずからが現実の人間であり続け、
そのことによってすべての人間の現実の根拠となるのである。


祈り
 新しい朝を感謝します。
 先週はほぼ1週間うつがひどい状態になり、
 何もなすことはできませんでした。
 ただ、苦しみの中でせねばならぬ最低限のことをしたに
 過ぎませんでした。しかし、それらをなすことがどんなに
 苦しく、大変であったかを、しみじみと思わされています。
 今朝はうつはいなくなったように思いますが、
 昨晩はめずらしく咳がひどく、長いこと使っていなかった
 吸入器を使用したのはいいのですが、効かないのでは?と
 と思い、1回の量を越えて使用したため、心臓がどきどきし、
 今朝も脈打っています。それ故になかなか眠れませんでした。
 病に悩まされるのは辛いことですし、精神疾患に対する
 周囲の無理解を思わされ、怒ってばかりいます。
 見当違いのことを言う輩に、うつの苦しさを味合わせて
 やりたい、何かの手段をもって復讐したいという思いが
 湧いてきます。
 しかし、それは自分のためにならないので、やめておきます。
 神さまは、色々なやり方で私たちの在り方を試されるのだ、
 と思い、そろそろ幼稚な考えを捨て、あなたの御前に正しく
 生きれるようにと願います。
 私の軽はずみな言動は全て私に帰ってきます。
 自分の幸せを求めるなら、他者の幸せを求めなければ
 ならない、と思わされます。
 弱く、心もとない者ですが、イエスの愛を知り、愛の中で
 生かされている者として、少しでも愛のある人間となれるよう、
 導いてください。

 教会に連なる一人一人の上にこの日もあなたの祝福と
 導きがありますように。
 特に、病める者、悩める者をあなたが顧み、癒してください。

 この世に在る諸悪が倒されるようにと心より願います。
 沖縄を顧みて下さい。基地のない平和な沖縄となる日
 が来りますように。
 狭山事件、一日も早く再審が開始されますように。
 
 これらの感謝、願いをイエスさまのお名前を通して
 お祈りします。   アーメン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
祈り45 日本キリスト教団児島教会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる