日本キリスト教団児島教会

アクセスカウンタ

zoom RSS 主日の祈り3

<<   作成日時 : 2017/05/28 05:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

聖書 サムエル記上13章8節

サウルは、サムエルがめいじたように、
七日間待った。だが、サムエルはギルガルに
来なかった。


ボンヘッファー一日一章

5月28日 教え、思い起こさせる

しかし、助け主、すなわち、父が私の名によって
つかわされる聖霊が、あなたがたにすべてのことを
教え、またわたしが話しておいたことを、
ことごとく思い起させるであろう。(ヨハネ14・26)

聖霊は物理的な力ではなく、父なる神や子なる神と
同じく人格である。聖霊はこの共同体に助けを与える。
そしてまた、この共同体の「慰め主」でもある。
この聖霊の働きは「教えること」と、「思い起こさせること」
の二つである。

聖霊は、教会の真の助け主として、二重の活動をする。
すなわち、聖霊は教会を「前へと導く」と同時に、
イエスのところに「固くとどめる」のである。


祈り
 神さま、新しい朝を感謝します。
 また、主日の朝を感謝します。
 今日全国であなたの御前に礼拝がささげられます。
 私たち、心からあなたを賛美し、御言葉に聴き、祈ることが
 できますように。
 一人でも多くの者が教会へと集うことができますように。
 教会はすべての人に開かれています。どうぞ、一人でも
 多くの者をあなたが招いてください。

 待つということを思わされます。私はなかなか待つことが
 できない人間です。忍耐力が足りないのだと思います。
 急いては事を仕損じるという言葉があります。
 自分の時ではなくあなたの時を待ち望んで過ごしていく
 ことができますように。

 今日の礼拝を覚えながらも、来ることができない人たち、
 特に病の人々、困難を抱えた人々のことを思います。
 どうか一人一人にあなたの光を与え、心に平安と希望を
 持つことができますように。

 今の世にある様々な問題について真剣に考えるのが、
 だんだんしんどくなりました。
 どーせ、何も変わらない、という思いが去来します。
 しかし、それでも、それら多くの問題に心を寄せ、
 自分にできることはほとんどありませんが、それでも
 なし得る小さなことをなさしめてくださいますように。
 沖縄をお守りください。高江・辺野古の反対運動をして
 いる人たちを守り力づけてください。
 狭山事件の再審が一日も早く開始されますように。
 今の政府は虚偽に満ちているように思えてなりません。
 真実が明らかにされますように。また、憲法が守られる
 ようにと願います。

 これらの感謝、願いを主イエスの御名によってお捧げします。
                                 アーメン
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
主日の祈り3 日本キリスト教団児島教会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる